なぜ町の小さなお店が潰れずに営業できているのかを考えます。

町の小さなお店が潰れないのは何故か

誰もが近くの商店街いつも行くとは限りません。近くで買物をしたことがないと言う人もいます。しかし、近くであればたまには行くでしょう。そして久しぶりで見る商店街のさびれた変わりように驚くのではないでしょうか。今は全国的な不況が続いていますし、大型のスーパーや量販店などがあちらこちらに出来ましたから、ある意味では購買層の買物に対する観念が変わったとも言えます。もう古臭い商店街では買物をしないという人が増えたので、商店街はシャッターを下ろす店が目立つようになりました。そうすると商店街が間引き状態になり、例え店の入口を開けて営業をしていても客は来ませんし、また客がいないと入りにくくなります。


そういうお店は業種を問わずいくつもあります。どうも商品を売る気があるのかと疑いたくもなりますが、そのような小さなお店でもシャッターを下ろしていないところを見るとどういう収入で生活しているのか不思議になります。その裏にはお店を開けている理由が何かありそうです。そこでどうして街の小さなお店が潰れないのかと言う理由などを考えてみることにしました。多分そこにはいろいろな理由があるのではないでしょうか。


町の小さなお店が潰れないのは何故か

客が入っていないのに、存続しているお店とは

客が入っていいないお店がなぜ営業しているのかを考えます。

町の小さな不動産屋さんのお仕事

不動産業の業務は賃貸、管理、不動産売買とさまざまです。

客が入っていないのに、存続しているお店とは
表向き店舗を開いているが、実はその必要がない?
学校や公共施設などから、大量発注を受けている
一般の店舗とは、客のボリュームゾーンが違う場合も
電器店は、地域密着型の商売とともに、メーカーの補助金が
店舗での大きな収入を必要としていないケース
不動産収入など、商売関連以外での収入がある
これ以外に、店の数だけ、存続する理由はある
町の小さな不動産屋さんのお仕事
文字通り、不動産の売買
来客より、電話・メールでの対応が主
経費が安くて済む
大家さんと管理会社をつなぐ、仲介業務
実は不動産の管理業務のウェイトが大きい
地元とのつながりが強く、不動産については発言力がある
当然、優良店以外は淘汰されつつある
町の小さなお店が潰れないのは何故か客が入っていないのに、存続しているお店とは町の小さな不動産屋さんのお仕事サイトマップ